引越し 遠方

MENU

遠方への引越しを少しでも安くするには

遠方への引越しはその距離に比例して同じ荷物を運ぶにも関わらず非常に高額になります。また引越し業者間の料金差も大きく、安い会社と高い会社で10万円以上の見積もり差があるなんてことも珍しくありません。

 

遠方への引越しを少しでも安くしたいなら、その分野が得意な引越し業者に任せることがおすすめです。

 

そこでここでは引越のプロスタッフという会社をご紹介したいと思います。

遠方への引越しがプロスタッフならなぜ安いの?

一般的な引越し業者では移動距離が400km、500km以上の遠方への引越しであっても1台のトラックで運搬するチャーター便を採用しているケースが多いです。

 

1件のお客様が遠方の引越し先までに掛かる燃料費や人件費、高速代を負担しなければいけない為に、距離が遠くなればなるほどその費用は高額になります。引越し先から戻る際にトラックを空荷で走らせるような業者なら、見積もりはさらに上がるでしょう。

 

これらの運搬コストを下げる為にプロスタッフでは、混載便という1台のトラックで複数のお客様の荷物を運ぶ輸送方法を採用しています。

 

宅配便やはがき、封筒などの配達物では当たり前に採用されている方法ですが、引越しにおいて同一地域への遠方への荷物を集めることは難しいために混載便で運搬できない引越し業者も多いのです。

 

引越のプロスタッフでは輸送量の多い関西(大阪、京都)と関東(神奈川、千葉)に支店を構えて便集めに尽力し、その他の地方についても地域密着の引越し業者と積極的に手を結ぶことで大手に負けない独自のネットワークを作り上げています。

 

同一地域への混載便はもちろんのこと、帰り道を空荷で走らせず帰り便も積極的に集め、混載便が集めにくい地域であってもコンテナ便やフェリー便を活用して遠方への引越しを格安で請負います。

 

プロスタッフは遠方への長距離引越しをサービスの質を落さずに格安の費用で安心、安全を第一に運んでくれます。

 

長距離引越しで混載便を活用する上での注意点

混載便の引越しで輸送コストを下げるためには、同一地域への荷物をいかに集めるかが大切です。その為に引越しが決まったらできるだけ早めに見積もり依頼をし、便集めのために日数の余裕を持たしてあげることです。急な引越しの場合は少ない件数で長距離輸送をしなければならず料金的な恩恵を受けられない可能性が高くなります。

 

また、到着日時も引越し業者任せになる可能性もあります。指定もできなくはありませんが、より安くなるのはフリー便です。混載便での長距離引越しの場合は、50km未満の近距離以上にトラックが走るルートによって無駄が省けます。日程はともかく時間指定で大回りを余儀なくされるとその分だけ料金が高くなる可能性が上がります。

 

その為、この輸送方法で一番恩恵を受けられるのは卒業を終えた学生さんが実家に戻る場合や単身赴任が自分の家に戻る場合など、すぐに荷物が必要ない場合です。

 

もちろん到着日や時間を指定したとしても、こういったお客様の荷物との組み合わせで輸送コストを下げることができるので、チャーター便よりは安くできる可能性はぐっと上がります。

引越しサービスの疑問にお答えします

引越し料金の相場が知りたいんだけど?

引越のプロスタッフでは特に荷物が少ない単身引越しの場合では電話で見積もりをしてもらえます。運びたい荷物や引越し先の条件を電話先で言える状況にあるなら相場どころか確定料金が分かります。

 

家族の引越しなどの荷物量が多い場合には訪問によって営業マンの目で荷物量を把握したうえでの見積もりになります。

 

ダンボールはもらえるの?

少しでも安い見積もりを提示するために単身引越しの場合は販売制になっています。荷物が多い家族荷の場合は、不揃いのダンボールによる荷崩れや破損、作業遅延を防ぐために無償提供しています。

 

荷造りや開梱はしてもらえるの?

一般的な引越し業者にあるサービスであれば依頼できます。荷造りや開梱はもちろん。エアコンやウォシュレット着脱などの電気工事、荷物保管や乗用車の陸送、ハウスクリーニングなども可能です。

遠くへの引越し費用をより安くするための方法

引越し先が遠くの場合で、混載便以外の安くする方法をここではご紹介します。なにかと高い長距離引越しの料金を少しでも下げるために以下の方法を試してください。

 

繁忙期や忙しい日を避ければ激安引越しも可能

引越し料金は長距離、近距離を問わず繁忙期には跳ね上がります。ただし単価が高い長距離引越しを暇な日に変えた時の値引き高価は近距離以上に実感できるはずです。繁忙期や忙しい日を避けることが、料金を安くするうえでは最もおすすめできる方法です。

 

荷物をできるだけ減らして料金交渉をしよう

引越し費用を安くするために荷物をできるだけ減らすのは遠方に限らず有効な方法です。ただし遠方の場合は、距離に比例して料金がアップしていくために、ある時点から新居で買い直した方が安いという現象が起こり得ます。

 

その場合に真っ先に考えたいのが、トラック内でスペースを取る容積が大きい荷物の処分です。自転車やベッドなどは、容積が大きく積み重ねもできないためにスペースをより多く取ってしまいます。

 

またエコ化が進む冷蔵庫やエアコンなども買い直しすることになり、電気代を安くできるので購入してからある程度の期間が過ぎているのであれば、買い直しの候補として価値は高いでしょう。

 

複数の引越し業者による見積もりで最安値の一社を

前述したように特に遠方の引越しの見積もりは業者間の料金差が大きいので、様々な引越し業者から見積もりを取ることも費用を下げるうえで大切なことです。

 

その際には、移動距離が長い遠方への引越しが得意な業者を選定して見積もりを依頼するようにしましょう。プロスタッフでは電話見積もりによって、より料金比較しやすいシステムを採用しています。他社の見積もりが高すぎて困っているならぜひ相談してみてください。